仮想通貨(ZCash)のマイニング

ZCashのマイニングをしてみました。イーサリアムの時に使用したClaymore Dual Minerのsingleマイニングでは、GeFORCE GTX 1080やGTX 1080 Tiの能力を生かし切れていないと感じたためです。

1.GPU

GPUは以下の3種類を使用しました。GeForce GTX 1080については、異なるメーカーのものを2つ使用してみましたが、メーカーによるハッシュレートの違いはほどんどないように感じました。

チップ種類 CUDA
コア数
メモリバス メモリクロック
GeForce GTX 1080 Ti 3584 352 11 GHz
GeForce GTX 1080 2560 256 10
GeForce GTX 1070 1920 256 8

2.Wallet

coincheckで、ZCash用のwalletのアドレスを取得しました。

3.マイニングプール

イーサリアムのマイニングでも使用したNanopoolにしました。

4.マイニングソフトウェア

ソフトウェアは、EWBF’s ZCash Minerを使用しました。Nanopoolのヘルプページからダウンロードできたからです。chromeブラウザでは、ウイルスに感染したファイルと表示され、ダウンロードができませんでした。私はIE11でダウンロードしました。ソフトウェア使用後も、特に感染している様子はなさそうなのですが、どうなんでしょうか。気分は良くないので、自宅のネットワークを切り分けて使っています。

Nanopoolヘルプページ:
https://zec.nanopool.org/help

結果は表のようになり、GeFORCE GTX 1080やGTX 1080 Tiのマイニング能力は、GTX 1070に比べてもリーズナブルなハッシュレートとして得られました。GTX 1080 Tiや1080でイーサリアムをマイニングしたときは、価格の割に能力が低いことに焦りましたが、EWBF’s ZCash Miner(CUDA)を使用すれば、満足な速度でマイニングすることができそうです。

チップ種類 ハッシュレート
GeForce GTX 1080 Ti 700 Sol/s
GeForce GTX 1080 500
GeForce GTX 1070 420

GeFORCE GTX 1080やGTX 1080 Tiをイーサリアムのマイニングで使用した時は、騒音、発熱ともに大したことはありませんでしたが、それがかなりうるさくなり、GPUの温度も84℃まで上昇しました。ハッシュレートが上がったことに伴い、電力も上がりました。温度が上がってくると、GPUの方でハッシュレートが下がるように動作します。ハッシュレートの低下を防ぐため、1080と1080 Tiに関しては、サーキュレータを別途購入し、それぞれに風を当てて使用しています。限られた時間・スペースで一気にマイニングしようと思えば、1080 Tiを選択することも考えられますが、個人でマイニングする場合には、1070はとても使いやすいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です