久々にパソコンの自作(Windows 7のインストール)

ようやくパソコンが立ち上がるようになりましたが、今度はOSのインストールで躓きました。久しぶりだと、パーツもOSも新しくなっていて、勝手がわかりませんでした。

Windows 7のインストールディスクでインストールを始めると、GUIの「Windowsのインストール」という画面が現れます。この時すでに、USBマウスが認識していませんでしたが、

気にせずPS/2キーボードで操作し、先に進みました。ストレージの選択画面で、「必要なドライバがない」と言われ、初めて問題を認識しました。Windows 7のインストールディスクは、外付けのUSB接続DVDドライブから起動していました。

何が起こっているかわからないながら、Windows 10に正式対応していないマザーボードだから、メーカーのホームページからWindows 7用のツールを使ってインストールすればOK!!と思ってました。実際、そうなのですが、調べてみると、Skylake対応のチップセット(Intel Z170/H170/B150/H110以降)を搭載したマザーボードでは、USBを動作させるのに、USB3.0用のxHCIドライバしか使えないところ、Windows 7には従来のEHCIドライバしか入っていないことが原因でした。

原因がわかりましたので、早速、ASRockのサイトから、Win 7 USB Patcherなるツールをダウンロードしました。

本家のサイト:
Windows 7 を Intel N3000 シリーズ SoC と100シリーズプラットフォームにインストールする方法
http://www.asrock.com/microsite/Win7Install/index.jp.html

紹介されている作業を15分程度で終了し、USBメモリーにWindows 7インストールディスクを完成させるも、「必要なドライバがない」と言われるのは、以前と同じ状況のままでした(^^;。丁寧に説明されている下記のサイトには、「これを使えば、恙(つつが)無くWindows7がインストールできる、はず。...というわけで、結果はまた別記事で。」と失敗をうかがわせるようなコメントを発見しました。

rhasm.net/blog - ASRockでWindows7のUSBパッチインストーラを作成する:
http://blog.rhasm.net/windows7-installer-usb-xhci-patcher/

結局のところ、メーカー提供のツールが行っていることは、元のWindowsインストールディスクにxHCIドライバを加えて新たなインストールディスクを作成しているだけなので、他のメーカーでもよいはずです。先日、不具合により返品したGA-Z170X-Gaming 3のメーカーのサポートページに、Windows 7インストール用のツールを見かけていたので、これをダウンロードして使用しました。

GA-Z170X-Gaming 3 (rev. 1.0)のサポートページ(ダウンロード)
http://www.gigabyte.jp/Motherboard/GA-Z170X-Gaming-3-rev-10#support-dl

先ほどとは違い、インストールディスクの完成には30分以上を要しました。これにより、正常にインストールを行うことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です