CentOS 7でCPUとSSDの温度を監視

昨日は、Open Hardware MonitorをインストールしてWindowsパソコンのCPUのクロック周波数や温度を見ることができました。Open Hardware Monitor Reportを使用することにより、コマンドライン上でデータを取得することもできました。しかし、考えてみたら、私にとって必要性が高いのは、

Linux(CentOS)で動くサーバの方でした。

CentOS 7を動かしているサーバのCPUの温度を監視するには、lm_sensorsを使用します。root権限でlm_sensorsをインストールします。

# yum install lm_sensors

lm_sensorsを構成するためには、まず、以下のsensors-detectコマンドを入力します。全部yesです。

# sensors-detect
# sensors-detect revision 3.4.0-4 (2016-06-01)
# Board: ASRock KBL-NUC
# Kernel: 3.10.0-514.26.2.el7.x86_64 x86_64
# Processor: Intel(R) Core(TM) i3-7100U CPU @ 2.40GHz (6/142/9)

This program will help you determine which kernel modules you need
to load to use lm_sensors most effectively. It is generally safe
and recommended to accept the default answers to all questions,
unless you know what you're doing.

Some south bridges, CPUs or memory controllers contain embedded sensors.
Do you want to scan for them? This is totally safe. (YES/no): y
Silicon Integrated Systems SIS5595...                       No
VIA VT82C686 Integrated Sensors...                          No
VIA VT8231 Integrated Sensors...                            No
AMD K8 thermal sensors...                                   No
AMD Family 10h thermal sensors...                           No
AMD Family 11h thermal sensors...                           No
AMD Family 12h and 14h thermal sensors...                   No
AMD Family 15h thermal sensors...                           No
AMD Family 16h thermal sensors...                           No
AMD Family 15h power sensors...                             No
AMD Family 16h power sensors...                             No
Intel digital thermal sensor...                             Success!
    (driver `coretemp')
Intel AMB FB-DIMM thermal sensor...                         No
Intel 5500/5520/X58 thermal sensor...                       No
VIA C7 thermal sensor...                                    No
VIA Nano thermal sensor...                                  No

Some Super I/O chips contain embedded sensors. We have to write to
standard I/O ports to probe them. This is usually safe.
Do you want to scan for Super I/O sensors? (YES/no): y
Probing for Super-I/O at 0x2e/0x2f
Trying family `National Semiconductor/ITE'...               No
・・・
・・・

構成が完了すると、sensorsコマンドでCPU温度が得られます。

# sensors
coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Physical id 0:  +46.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
Core 0:         +43.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:         +44.0°C  (high = +100.0°C, crit = +100.0°C)
#

SSDの温度を監視するためには、hddtempをインストールします。

# yum install hddtemp
・・・
# exit

$ hddtemp
/dev/sda: TOSHIBA THNSNJ128GCST: 40°C
$

SSD(TOSHIBA THNSNJ128GCST)の温度が表示されました。CPU温度とほぼ同じで、40℃でした。ASRock Beebox-Sは筐体が小さいので、サーバとしての利用時の発熱を心配していましたが、思ったよりも低い温度で安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です