Crostiniの日本語環境設定

Crostini上のLinuxに日本語環境を整えました。以下のサイトを参考にしました:

記事:ChromebookがCrostini(Linuxサポート)対応したので、Markdown環境と開発環境を作りたい(Share With Linuxに関して追記)
https://qiita.com/mitsuharu_e/items/3902a7f6e83ee10d72ba

日本語環境はよいのですが、変換候補に出てくる漢字が文字化けしています。なぜなのか、よくわからず、別のフォントもインストールしてみましたが、その部分は仕方ないかなと。

Markdown形式でメモを取りたいと思い、BoostnoteやVSCodeもついでにインストールしました。使い方はよくわかりませんが、面白そうです。これから、使っていきます。

ChromebookでLinux(Crostini使用)

chromebookノートパソコンをシンクライアントとして、いつも自宅のWindowsマシンにアクセスしています。

使用しているソフトウェアは、Chrome RDPで、非常に重宝しています。自宅内のchromebookからは、そのソフトウェアだけで済みますが、外出時は、chromebookのSSHクライアントから自宅のCent OSマシンにアクセスし、ポート転送を行ってアクセスしていました。SSHクライアントとしては、Termiusが使いやすかったのですが、いつからか、すごく遅くなって使い物にならなくなりました(Secure Shellも試してみましたが、うまく行かず..)。

Termius自体も、chromebook用のものは、サポートが終了しているため、他の方法を探しました。すると、chromebookでもLinuxが使えるようになっているではありませんか。これまでも、Linuxを使おうと思えば使えましたが、ディベロッパーモードにするとか、croutonを入れるとか、初心者にとってはハードルの高いものばかり。Linuxが入れられれば、コマンドでSSHポート転送ができそうです。CrostiniをChrome OS上で、動かせばLinuxとそのアプリケーションが動きます。

インストール等、こちらのサイトを参考にしました:
技ラボ
http://wazalabo.com/crostini-trial.html

上記サイトの手順に従ってCrostiniを有効にした後、まずは、Linuxのアップデート。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get dist-upgrade

xeyesを使ってみるため、x11-apsをインストールしました。

$ sudo apt-get install x11-apps

$ xeyes

リモートデスクトップソフトウェアのxfreerdpをインストールしました。

$ sudo apt-get install freerdp-x11

xfreerdpの全画面モードで自宅内LANからWindowsマシンにRDP接続してみました。

$ xfreerdp -f -u username 192.168.10.5:3389

自宅の外からは、SSHポート転送で、自宅のサーバ経由でWindowsマシンにつなぐことで、うまく動作しました。

chromebookでLinuxが気軽に使えることで、プログラミング等、いろいろできそうです。他の方のブログを見ていて、この後、boostnoteとかVisual Studio Codeをインストールしてみたいと思いました。

 

 

 

 

CentOS 7でCPUとSSDの温度を監視

昨日は、Open Hardware MonitorをインストールしてWindowsパソコンのCPUのクロック周波数や温度を見ることができました。Open Hardware Monitor Reportを使用することにより、コマンドライン上でデータを取得することもできました。しかし、考えてみたら、私にとって必要性が高いのは、 “CentOS 7でCPUとSSDの温度を監視” の続きを読む

CentOS 7のpython3.6にbeautifulsoupとrequestsをインストール

Webページをスクレイピングするために、CentOS 7のpython3.6にbeautifulsoupとrequestsをインストールしました。手順をメモしておきます。

私のCentOS 7では、pipコマンドを直接受け付けてくれない(パスが通っていない?)ので、beautifulsoupのインストールは、python3.6で実行します。 “CentOS 7のpython3.6にbeautifulsoupとrequestsをインストール” の続きを読む

CentOS 7にpython3.6をインストール

CentOS 7にpython3をインストールすることにしました。私のような初心者には、python2とpython3を一緒に使っていくのは面倒でした。これからは、python3で行きます。

まず、pythonのバージョンを確認します。

$ python -V
Python 2.7.5

IUS Community Project のリポジトリをインストールします。

# yum install https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

私の場合、いろいろなエラーが発生したこともあり、 “CentOS 7にpython3.6をインストール” の続きを読む

yum installしようとしてエラー発生

CentOS 7のpythonを2.7から3.6にアップデートしようとして、yumを使用しましたが、”Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast”というコメントが出ました。適当に、’y’を押しましたが、受け付けてくれず。その後、「不明なエラー」と「他のミラーを試します」が “yum installしようとしてエラー発生” の続きを読む

PDFファイルの印刷サイズを取得(pdfinfoを使用)

書籍はかなりかさばるということもあり、大分昔(20年位前)から、書籍をスキャンして、できるだけ処分するようにしてきました。しかし、処分をためらう場合(本当に原本を所有しているかとか、スキャン品質を十分にチェックしていない、あるいは、うまくスキャンできているか心配)もあって、段ボールに詰めて保管しているものも多くあります。原本を保管してしまうと、 “PDFファイルの印刷サイズを取得(pdfinfoを使用)” の続きを読む

FileZillaのセキュリティ

FileZillaをインストールしたことで、Linuxマシンからサーバへのファイル操作が大分楽になりました。一方で、注意しなければならない記事も目にしました。

一つは、パスワードをサイトマネージャーで設定すると、パスワードが平文で保存されるらしいです。

もう一つは、FileZillaのマルウエアバージョンが出回っているとか。正規のページなどからインストールしなければ行けませんね。epelリポジトリからインストールしたので、大丈夫だと(勝手に)思っています。

CentOS 6.9にFileZillaをインストールしました

SFTPでファイルのコピーがしたくて(端末からカタカタとコマンドを打ち込むこともできますが)、GUIで操作できるSFTP対応のアプリケーションを探していました。候補は、gFTPとFileZillaの2つに絞りました。セキュリティを気にしていましたので、 “CentOS 6.9にFileZillaをインストールしました” の続きを読む

FreeRDPでホストコンピュータに接続できない(Authentication Failure)

昨日、Linux Server (ASRock)への不正アクセスとして、man-in-the-middleアタックの可能性が表示されたのは、FreeRDPで接続しようとしている時でした。サーバの設定かIPアドレスの変更によるものかもしれません。以下のような表示に “FreeRDPでホストコンピュータに接続できない(Authentication Failure)” の続きを読む