Crostiniの日本語環境設定

Crostini上のLinuxに日本語環境を整えました。以下のサイトを参考にしました:

記事:ChromebookがCrostini(Linuxサポート)対応したので、Markdown環境と開発環境を作りたい(Share With Linuxに関して追記)
https://qiita.com/mitsuharu_e/items/3902a7f6e83ee10d72ba

日本語環境はよいのですが、変換候補に出てくる漢字が文字化けしています。なぜなのか、よくわからず、別のフォントもインストールしてみましたが、その部分は仕方ないかなと。

Markdown形式でメモを取りたいと思い、BoostnoteやVSCodeもついでにインストールしました。使い方はよくわかりませんが、面白そうです。これから、使っていきます。

ChromebookでLinux(Crostini使用)

chromebookノートパソコンをシンクライアントとして、いつも自宅のWindowsマシンにアクセスしています。

使用しているソフトウェアは、Chrome RDPで、非常に重宝しています。自宅内のchromebookからは、そのソフトウェアだけで済みますが、外出時は、chromebookのSSHクライアントから自宅のCent OSマシンにアクセスし、ポート転送を行ってアクセスしていました。SSHクライアントとしては、Termiusが使いやすかったのですが、いつからか、すごく遅くなって使い物にならなくなりました(Secure Shellも試してみましたが、うまく行かず..)。

Termius自体も、chromebook用のものは、サポートが終了しているため、他の方法を探しました。すると、chromebookでもLinuxが使えるようになっているではありませんか。これまでも、Linuxを使おうと思えば使えましたが、ディベロッパーモードにするとか、croutonを入れるとか、初心者にとってはハードルの高いものばかり。Linuxが入れられれば、コマンドでSSHポート転送ができそうです。CrostiniをChrome OS上で、動かせばLinuxとそのアプリケーションが動きます。

インストール等、こちらのサイトを参考にしました:
技ラボ
http://wazalabo.com/crostini-trial.html

上記サイトの手順に従ってCrostiniを有効にした後、まずは、Linuxのアップデート。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get dist-upgrade

xeyesを使ってみるため、x11-apsをインストールしました。

$ sudo apt-get install x11-apps

$ xeyes

リモートデスクトップソフトウェアのxfreerdpをインストールしました。

$ sudo apt-get install freerdp-x11

xfreerdpの全画面モードで自宅内LANからWindowsマシンにRDP接続してみました。

$ xfreerdp -f -u username 192.168.10.5:3389

自宅の外からは、SSHポート転送で、自宅のサーバ経由でWindowsマシンにつなぐことで、うまく動作しました。

chromebookでLinuxが気軽に使えることで、プログラミング等、いろいろできそうです。他の方のブログを見ていて、この後、boostnoteとかVisual Studio Codeをインストールしてみたいと思いました。

 

 

 

 

実績表ファイル作成

これまで、NozbeなどのGTDソフトウェアを使ってTo DO管理を行ってきました。Nozbeは、無料バージョンだと、プロジェクトを5つしか設定することができません。たいてい何か目標があった時、To DO管理の項目として何かを入力すると、その内容はタスクではなく、プロジェクトであったり、大きなテーマであることが多いです。「デジカメ写真の整理」「自転車前輪ブレーキのヒートシンク洗浄」「肝臓の数値γ-GTPを改善する」などがそうでした。 “実績表ファイル作成” の続きを読む

Windowsのメモ帳で作成したテキストファイルがCygwinで文字化けしてしまいました

WindowsマシンにCygwinをインストールして使っています。Windowsマシンでも、Cygwinを入れておくと何かと便利です。バッチ処理をする場合などは、特に重宝しています。ところで、そのCygwinでメモ帳で作成したテキストファイルを開こうとしたところ、文字化けが発生しました。Windowsのテキストファイルの文字コードはShift-JISである一方、 “Windowsのメモ帳で作成したテキストファイルがCygwinで文字化けしてしまいました” の続きを読む

PDFファイルの印刷サイズを取得(pdfinfoを使用)

書籍はかなりかさばるということもあり、大分昔(20年位前)から、書籍をスキャンして、できるだけ処分するようにしてきました。しかし、処分をためらう場合(本当に原本を所有しているかとか、スキャン品質を十分にチェックしていない、あるいは、うまくスキャンできているか心配)もあって、段ボールに詰めて保管しているものも多くあります。原本を保管してしまうと、 “PDFファイルの印刷サイズを取得(pdfinfoを使用)” の続きを読む

FileZillaのセキュリティ

FileZillaをインストールしたことで、Linuxマシンからサーバへのファイル操作が大分楽になりました。一方で、注意しなければならない記事も目にしました。

一つは、パスワードをサイトマネージャーで設定すると、パスワードが平文で保存されるらしいです。

もう一つは、FileZillaのマルウエアバージョンが出回っているとか。正規のページなどからインストールしなければ行けませんね。epelリポジトリからインストールしたので、大丈夫だと(勝手に)思っています。

CentOS 6.9にFileZillaをインストールしました

SFTPでファイルのコピーがしたくて(端末からカタカタとコマンドを打ち込むこともできますが)、GUIで操作できるSFTP対応のアプリケーションを探していました。候補は、gFTPとFileZillaの2つに絞りました。セキュリティを気にしていましたので、 “CentOS 6.9にFileZillaをインストールしました” の続きを読む

お名前.comで取得したドメイン名で自宅サーバーにアクセス(DDNS設定)

先日来、外出先から自宅サーバーにアクセスできていますが、IPアドレスを直接指定して使用しています。ルーターのIPアドレスが変わるのは、機器をリセットした時ぐらいですし、覚えておけば(書き留めておけば)問題ないようにも思いますが、ドメイン名を使ってアクセスする方がスマートな気がしてきました。とはいえ、 “お名前.comで取得したドメイン名で自宅サーバーにアクセス(DDNS設定)” の続きを読む

FreeRDPでリモートデスクトップ接続時、全画面表示にする

FreeRDPでリモートデスクトップ接続をしていると、全画面表示(フルスクリーン表示)にする必要に迫られました。-fオプションを指定すると全画面表示になるようです。 “FreeRDPでリモートデスクトップ接続時、全画面表示にする” の続きを読む

Linuxマシン(CentOS 7)からWindowsマシンへリモートデスクトップ接続(FreeRDP)

ChromebookパソコンからWindowsマシンへリモートデスクトップ接続できたので、Linuxマシン(CentOS 7)からもしたい衝動に駆られました。いろいろと試してみたところ、FreeRDPというソフトウェアが私にはしっくりきました。 “Linuxマシン(CentOS 7)からWindowsマシンへリモートデスクトップ接続(FreeRDP)” の続きを読む