ChromebookでLinux(Crostini使用)

chromebookノートパソコンをシンクライアントとして、いつも自宅のWindowsマシンにアクセスしています。

使用しているソフトウェアは、Chrome RDPで、非常に重宝しています。自宅内のchromebookからは、そのソフトウェアだけで済みますが、外出時は、chromebookのSSHクライアントから自宅のCent OSマシンにアクセスし、ポート転送を行ってアクセスしていました。SSHクライアントとしては、Termiusが使いやすかったのですが、いつからか、すごく遅くなって使い物にならなくなりました(Secure Shellも試してみましたが、うまく行かず..)。

Termius自体も、chromebook用のものは、サポートが終了しているため、他の方法を探しました。すると、chromebookでもLinuxが使えるようになっているではありませんか。これまでも、Linuxを使おうと思えば使えましたが、ディベロッパーモードにするとか、croutonを入れるとか、初心者にとってはハードルの高いものばかり。Linuxが入れられれば、コマンドでSSHポート転送ができそうです。CrostiniをChrome OS上で、動かせばLinuxとそのアプリケーションが動きます。

インストール等、こちらのサイトを参考にしました:
技ラボ
http://wazalabo.com/crostini-trial.html

上記サイトの手順に従ってCrostiniを有効にした後、まずは、Linuxのアップデート。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get dist-upgrade

xeyesを使ってみるため、x11-apsをインストールしました。

$ sudo apt-get install x11-apps

$ xeyes

リモートデスクトップソフトウェアのxfreerdpをインストールしました。

$ sudo apt-get install freerdp-x11

xfreerdpの全画面モードで自宅内LANからWindowsマシンにRDP接続してみました。

$ xfreerdp -f -u username 192.168.10.5:3389

自宅の外からは、SSHポート転送で、自宅のサーバ経由でWindowsマシンにつなぐことで、うまく動作しました。

chromebookでLinuxが気軽に使えることで、プログラミング等、いろいろできそうです。他の方のブログを見ていて、この後、boostnoteとかVisual Studio Codeをインストールしてみたいと思いました。

 

 

 

 

ブログページのSSL化

このブログはWordPressで作成されていますが、適当にお名前ドットコムの共用サーバーを契約し、何も考えずに運用していました。最近は、ホームページのSSL化が進んできているようですので、このページもSSLの設定を行いました。設定は難しくなく、共用サーバーのコントロールパネルから、無料の「Let’s Encrypt」を申し込むだけでした。これで、外出時の無料Wi-Fiを利用したブログ投稿でも、盗聴されずに済みそうです(盗聴されて困るほどのことは書いてない訳ですけれど)。

so-netのv6プラス環境下でのポート転送

so-netのv6プラスを契約して、インターネットの利用が快適にはなりましたが、これまで利用していたSSHポートフォーワーディングによるリモートデスクトップができなくなりました。いろいろ調べてみたところ、v6プラスでもポート開放自体はできるようでした。 “so-netのv6プラス環境下でのポート転送” の続きを読む

so-netのv6プラスを契約しました

so-netの光コラボに申し込んで以来、ネットのつながりが悪くて不満を持っていました。光コラボはどこもそういう状態だという記事も見かけていました。最近は、大分、改善されてきたものの、よくDNSエラーが発生したり、動画サイトを見ていると動画が止まってしまったりしていました。v6プラスだと、多くの人が使っているPPPoE接続ではないので速度が上がるという広告を盛んに目にするようになりました。申し込み自体は無料ですし、ブロードバンドルーターで無効にすることは簡単そうだったので、申し込んでみました。夜中に申し込んで、翌日の昼には開通の連絡メールが来ました。速度が下り650Mbps、上り300Mbpsと非常に良好な結果が得られました。動画も途切れることがなくなりました。申し込んで正解です。ただ、今までSSHポートフォーワーディングで自宅のサーバーに接続していたのが使えなくなりました。v6プラスでポート転送ができないという訳ではないようなので、近日中に何とかする予定です。

Windowsリモートデスクトップ時のシャットダウン

Windowsマシンにリモートデスクトップをしていると、リモートでマシンをシャットダウンしたい時があります。デスクトップにシャットダウンアイコンを置くには、 “Windowsリモートデスクトップ時のシャットダウン” の続きを読む

CentOS 6.9にFileZillaをインストールしました

SFTPでファイルのコピーがしたくて(端末からカタカタとコマンドを打ち込むこともできますが)、GUIで操作できるSFTP対応のアプリケーションを探していました。候補は、gFTPとFileZillaの2つに絞りました。セキュリティを気にしていましたので、 “CentOS 6.9にFileZillaをインストールしました” の続きを読む

FreeRDPでホストコンピュータに接続できない(Authentication Failure)

昨日、Linux Server (ASRock)への不正アクセスとして、man-in-the-middleアタックの可能性が表示されたのは、FreeRDPで接続しようとしている時でした。サーバの設定かIPアドレスの変更によるものかもしれません。以下のような表示に “FreeRDPでホストコンピュータに接続できない(Authentication Failure)” の続きを読む

Linux Server (ASRock)への不正アクセス

Linux Server (ASRock)をSSHポートフォーワーディングのサーバーとして使用しています。今日、外のLinuxマシンからこのサーバーにアクセスしようとしたら、man-in-the-middle attackの疑いありというようなメッセージが出てアクセスできませんでした。 “Linux Server (ASRock)への不正アクセス” の続きを読む

お名前.comで取得したドメイン名で自宅サーバーにアクセス(DDNS設定)

先日来、外出先から自宅サーバーにアクセスできていますが、IPアドレスを直接指定して使用しています。ルーターのIPアドレスが変わるのは、機器をリセットした時ぐらいですし、覚えておけば(書き留めておけば)問題ないようにも思いますが、ドメイン名を使ってアクセスする方がスマートな気がしてきました。とはいえ、 “お名前.comで取得したドメイン名で自宅サーバーにアクセス(DDNS設定)” の続きを読む

FreeRDPでリモートデスクトップ接続時、全画面表示にする

FreeRDPでリモートデスクトップ接続をしていると、全画面表示(フルスクリーン表示)にする必要に迫られました。-fオプションを指定すると全画面表示になるようです。 “FreeRDPでリモートデスクトップ接続時、全画面表示にする” の続きを読む